• ホーム
  • Googleサーチコンソールとアナリティクスをマスターする

Googleサーチコンソールとアナリティクスをマスターする

色々なSNSアプリ

GoogleアナリティクスとGoogle Search Console(サーチコンソール)は、WEBマスターのSEO対策を構築する上では必要不可欠のツールと考えられています。GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleは、いずれもGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。
これらのツールはいずれもユーザーが管理しているWEBサイトに訪問した前後の行動を解析することを目的に使用しますが、いつの段階のユーザーの行動を追跡するのかの点で違いがあります。Google Search Consoleではサイトに訪れる前のユーザーの挙動、例えば流入経路を分析することが可能です。これに対してGoogleアナリティクスを活用すると、WEBサイトにランディングしたページやその後の離脱ページなども知ることが出来ます。

とりわけ利便性が高いのはGoogle Search Consoleに実装されている検索クエリです。検索クエリを使用することで自サイトがGoogle検索においてどのようなキーワードで検索されて、どれほど表示されてクリックされているか(CTR)、ひいては平均的な検索順位まで表示することが叶います。選定キーワードの選定や組みあわせやCTRの多寡などのSEO対策に於ける重要性に鑑みると、このような機能は実践的な情報を提供してくれるものといえます。検索順位の変動やCTRの状況を知ることは、効果的なSEO対策を実践するためには非常に有益な情報を提供してくれます。

ところでGoogleアナリティクスとGoogleアナリティクスの両者を利用することで、ユーザーの自サイトへの訪問前後の流入経路や離脱ページなどのすべての振舞いを明らかにしてくれるので利便性が高いわけですが、両者を連動させることでさらに効率的なSEO対策を可能にしてくれます。

連動の方法ですが、まずはGoogleアナリティクスにログインし、左メニューの”集客”を選択してサーチコンソールのデータ共有ボタンをクリックします。プロパティ画面に遷移するので”サーチコンソールボタン”を選択してください。”サーチコンソールの設定”画面に切り替わりますが、上方向にスクロールすると”編集”のタブがあるのでそこをクリック。その後はサーチコンソールのページに飛ぶので、サーチコンソールのサイト”からGoogleアナリティクスと提携させたいWEBサイトを選択して保存をクリックすれば連携作業は終了です。

人気記事一覧
サイト内検索