• ホーム
  • 実は被リンクは重要!被リンク対策の方法とは?

実は被リンクは重要!被リンク対策の方法とは?

パソコンの画面

SEO対策における被リンクをどれだけ獲得できるかは、非常に大きな問題です。
被リンクとは第三者があなたのサイトに対して、リンクを張ることです。
コンテンツを閲覧したユーザーがわざわざリンクを張る行為にでるのは、役に立つコンテンツと認識を持ってもらうことが出来た証拠と捉えることが出来ます。
役に立たなかった記事や面白くなかったコンテンツを、リンクを貼ってまで紹介するとは考えられないので、被リンク数の多さはそのサイトが多くのユーザーから評価されている有力な指標といえます。
Googleなどの大手検索エンジンではユーザーにとって、有益な情報が提供されているサイトを高く評価し検索結果上位にも表示する傾向が顕著です。
従って被リンク(バックリンク)を数多く獲得することが、SEO対策において重要な位置を占めているからです。
だからと言って自作自演でバックリンクを獲得するのは、現行の検索エンジンのアルゴリズムのもとでは賢明とはいえません。
例えば複数のブログを運営して、第三者を装って自分が運営しているほかのブログへのバックリンクを貼ることが自作自演の典型例です。
従来からとられている手法ですがクローラーのアルゴリズムの更新の影響でそれほど効果が見られなくなっています。
この手のブラックSEOの手法は最悪の場合、検索エンジンからガイドライン違反として手動ペナルティを受けるリスクも存在しています。

検索順位上位にランクインするために、大事なことは役に立つコンテンツの数をそろえることにつきます。
大手検索エンジンの評価指標は一言で言えば、ユーザーにとっての有益性、になるので不自然な被リンクでは無く自然な被リンクを獲得することにあります。

ところで検索順位を急上昇させることが出来れば、集客や新規顧客獲得などのコンバージョンを期待できます。
近年ではfacebookを筆頭にSNSの普及が顕著になっています。そのためSNS経由で自分のホームページなどに集客することも可能です。
SNSでシェアされる(バズる)ことでアクセスを飛躍的に増加することもありえます。
コンテンツをバズるのは容易なことではありませんが、コンテンツの充実に地道に取り組み、SNSで情報発信してセルフブランディングに努めればより多くのファンを獲得する可能性が広がります。
手動ペナルティを受けるような低品質な記事は論外ですが、評価指標を踏まえて役に立つコンテンツを充実させることが、自然な被リンクを増やすコツと言えます。

人気記事一覧
サイト内検索