• ホーム
  • 中古ドメインを活用して本格的なSEO対策を行う

中古ドメインを活用して本格的なSEO対策を行う

パソコンを使用する男性

WEBサイトを運営するにはインターネット上の住所に相当するドメインを取得する必要があります。新たにブランド名や企業名などをもとにした名前の新規ドメインを購入して、サイト運営を開始するのが一般的です。ところがあえて中古ドメインを購入する選択肢をとる場合もあります。中古ドメインとは期限がすぎたり契約が打ち切られたりして、現在では運営されていないドメインのことです。

新規ドメインであれば好きなネーミングを選ぶことも出来るので、長期的に見れば企業のブランディングにも役立ちます。中古といえば人が使い古したイメージがついて回るので、わざわざ中古ドメインを利用するのは奇異な感じを抱く方もいらっしゃるでしょう。あえて中古ドメインを購入してサイト運営を開始するのは、SEO対策のために被リンクを引継ぐことが出来る点を指摘することが出来ます。

そもそも中古ドメインは、以前にサイト運営を行いコンテンツを提供していた実績があります。運営実績が長ければ被リンク数もかなりの程度を保有している場合もあります。被リンクとは外部からの自社に向けて張られたリンクのことです。被リンクを運営当初からまとまった数を持っている中古ドメインには、検索順位をあげるための外部対策も可能にする側面が強いといえます。なぜなら被リンクが多い事実は、そのサイトで提供されたコンテンツも、検索エンジンからもインデックスされていた実績があるので、記事を投稿すると短期間でクローラーに発見してもらえる可能性も高くなります。

この点、新規ドメインではサイト開設当初の数ヶ月間は、エイジングフィルターの適用を受ける可能性があるので、いくらコンテンツを追加しても検索順位が上がらなかったり、各種のSEO対策を導入してもアクセス数の増加などの効果も得ることが出来ないまま、数ヶ月間待たざるを得ない情況もありえます。

中古ドメインでは、これまでのサイト運営で培ってきたサイトパワーを有しておりある程度の影響力をもっていた歴史を持っている可能性があります。このようなサイトパワーや影響力を新規ドメインで実現しようというのは、いくら外部対策を採用しても困難です。SEO効果のたかさに着目すれば、あえて中古ドメインを利用することには、被リンク数の多さやインデックスされやすく検索順位も上位を狙えるなどの数々のメリットを享受できる可能性を秘めています。中古ドメインを活用することは本格的なSEO対策を可能にする意味合いもあるのです。

人気記事一覧
サイト内検索