• ホーム
  • パンくずリストの効果と必要性

パンくずリストの効果と必要性

ユーザーが何らかのキーワードで検索した場合には、常にトップページにランディングするとは限りません。トップ下のカテゴリーにランディングしてしまう可能性は大いにあります。ユーザーがせっかくWEBサイトに訪問したにもかかわらず、サイトの全体像や今どこの階層にいるのか、などの状況を認識できないと回遊性が低くなってしまう可能性があります。

パンくずリストはこのような状況を回避するために、WEBサイトの構造を視覚的にわかりやすく認識することを助けるものです。具体的にはページトップにある選定キーワードが樹上に羅列されているものを、目の当たりにすることができます。

ページ数が少ないサイトであれば、階層構造などはあまり気にならないかもしれません。コンテンツの数が限定的で、対策をするまでも無く一覧性の高い状態ならパンくずリストの必要性を感じないこともあります。しかしドメインエイジを積み重ねてくると、ページ数が大きくなりコンテンツも充実した状況では、ユーザーは自分がどの改造にいるのかの認識を助ける工夫が必要です。

ユーザーの利便性を高めるうえでは、内部対策として内部リンクを充実させることも必要です。内部リンクが充実していれば、ユーザーは必要とするコンテンツや知りたい情報などを、容易に認識することが加納にあり回遊性もあがります。しかるに内部リンクをいくら充実させても、コンテンツが多いサイトでは現在の階層場所を把握するのが困難になるので、利便性を高めるには内部対策の一環としてパンくずリストを設置することは非常に重要です。
ユーザーに対して現在の場所をナビゲーションする方法は、他にもありますがシンプルに差異と全体の概略を認識することを助けるのでパンくずリストがよく利用されているわけです。パンくずリストのメリットは、ユーザーの利便性をあげるだけでなく、他のカテゴリーのコンテンツなどの関心を引くことになるので回遊率が上昇しSEO対策になります。

さらにパンくずリストは、ユーザーに現在の位置関係を明らかにするだけでなく、検索エンジンのクローラーにサイト内部の巡回を助ける機能も担っているのです。検索エンジンのクローラーはリンクを読み取りながら巡回するので、パンくずリストを設置しておくことでサイト全体の構造の理解を容易にします。クローラーの動きをサポートすることには、正しく検索エンジンから認識されて容易にインデックスされることにも繋がります。