• ホーム
  • アイキャッチ画像、記事画像の重要性と上手な使い方

アイキャッチ画像、記事画像の重要性と上手な使い方

検索エンジン大手のGoogleではユーザーにとっての利益になったり、有益な情報を提供するサイトを評価する旨を明らかにしているので、コンテンツ内容の数をそろえて中身も充実に取り組んでいるサイト管理者の方も多いのではないでしょうか。

それぞれのWEBサイトごとに専門分野や取扱う事象の対象には特徴があります。なかには初心者や門外漢の方にとってもわかりやすさを感じてもらうことも大事です。いくらコンテンツのレベルを底上げし、ユーザーに満足してもらえる内容にブラッシュアップに心がけていても、読みにくく理解もしづらいような体裁では、効果的なSEO対策にはなりません。
コンテンツのわかりやすさを演出し、視覚的に認識を促す点で有力な選択肢になるのは、画像や動画です。もちろん、テキストのわかりやすさや読みやすさも、SEO対策において必須のファクターなのは確か。しかし読みやすさを心がけたテキストをそろえていても、一枚の画像や動画を参照することで瞬時に理解することも可能になる場合もあるのです。

また画像を利用することには、画像検索の対象にもインデックスされるのでトラフィックの増加による検索上位表示も見込めることが可能になるメリットも存在しています。しかしここで注意が必要なのは、画像検索でSEO効果をあげるには、画像にファイル名にalt属性をというタグを付けることです。
画像のファイル名にalt属性に付与することで、検索エンジンのクローラーに正しく認識させることが可能になるからです。
ところで画像は他のWEBサイトと差別化をはかるうえでも有効です。それがアイキャッチ画像を利用することになります。
ウェブコンテンツにおいてアイキャッチ画像を利用することの意味は、他サイトとの差別化の意味意外には、ターゲットユーザーの注意を喚起しクリックやコンバーションにつなげることです。

アイキャッチ画像とは、ユーザーの目をひきつけるような画像イメージや全体のレイアウトのことです。トップページや見出し付近にアイキャッチ画像を配することで、ユーザーが必要にしていると想定されるものへの強い訴求力を発揮します。
画像はSNSとの相性がいいので、セルフブランディングの一環に、SNS上で画像をアップしながら多角的にユーザーの関心を引くのがポイントです。ただし画像ファイルはファイルサイズが大きいので、圧縮ソフトなどを利用してファイルサイズを小さくして、トップページや見出しにアイキャッチ画像を貼るのがおすすめの方法と言えます。